ドクターについて

ドクターいい治療を提供するために必要なのは何でしょうか。
それは、知識と経験です。

当院の院長と副院長は日本矯正歯科学会(日本で最も権威のある矯正歯科の学会)より、「認定医」ならびに「専門医」として認定されています。

現在日本では、歯科医師であれば誰でも矯正歯科を掲げて治療ができる状態です。ですので一口に矯正歯科といっても、その技術は大きく異なるのです。

そこで歯科医師の治療技術を判断する一つとなるのが、日本矯正歯科学会が認定する3つの資格です。認定医、指導医、専門医がありますが、その中で専門医は最も難易度が高い資格です。専門医資格の取得には患者さんの協力はもちろんですが、知識や技術に高度な専門性を求められます。専門医は日本の矯正歯科分野において最も責任のある立場にあると考えてよいでしょう。


日本矯正歯科学会「認定医」とは?

「認定医」になるためには、5年以上日本矯正歯科学会に所属し、学会が認めた大学の附属病院や矯正歯科医療機関で5年以上にわたる臨床・研究経験が必要です。

また、学術誌に論文を発表し、症例審査に合格した者に与えられます。


日本矯正歯科学会「専門医」とは?

「専門医」とは「認定医」「指導医」よりも、さらにハイレベルな資格です。専門医になるためには、認定医であり認定医資格を取得後に2回以上更新試験に合格していること、最近10年以内に矯正歯科臨床に関する論文、著書または学会発表があることが必要です。

また、自分で治療をさせていただいた患者さんの治療経過を患者さんのご同意の上で「症例の提示」して、試問審査に合格し、さらに、学術大会においてこれらの症例報告を行う必要があります。もちろん、治療結果が優れていない例がひとつでもあれば不合格となります。その認定水準の高さから、専門医は全国でも約260人程度しかいません。

当院は日本矯正歯科学会専門医2名(院長・副院長)が常時在籍し治療に行っております。

通常一医院に専門医資格を持つドクターが2人いることはほとんどありません。

症例に対して経験豊富な専門医2人が知識を出し合い最善の方法を導き出します。

患者さんに適した治療を提供できる理由はここにもあります。

△ページの先頭に戻る