マウスピース型矯正装置(インビザライン)

インビザラインワイヤーやブラケットを一切使わず、マウスピース型の矯正装置を歯に装着することで、歯を移動させるのがマウスピース矯正です。

装置が透明に近いため、周囲の人に矯正しているのが気付かれにくいのが特徴です。

また、装置は厚さが1ミリ以下と薄いので、装着時の違和感や不快感が少ない傾向にあります。


特徴

1.目立ちにくい

透明な素材なので矯正治療をしていることに気付かれにくいです。

2.取り外しできる

取り外し可能なので歯の清掃がしやすく、装置のお手入れも簡単です。

3.異和感が少ない

ワイヤーを使う矯正治療に比べ、異和感が少なく、脱落等のトラブルがありません。
痛みも少ないと言われています。

4.アレルギーの心配がない

金属を使用していないため金属アレルギーの方にも安心です。

△ページの先頭に戻る