矯正治療の流れ

矯正相談◎所要時間:約30分

矯正相談まず、お口の中を診させていただき、その状態を矯正歯科専門医の立場からご説明いたします。

次に大まかな治療の流れをご説明いたします。

また、矯正歯科治療に対する不安・要望などをお聞きいたしますので疑問の点は遠慮なくお尋ねください。

精密検査◎所要時間:1.5時間

精密検査一人ひとりの患者さんに合った治療計画を立てるために、できるだけ詳しくお口の状態、顎の動き、頭蓋骨と顎の骨との関係や歯の傾きなどを検査いたします。

診断◎所要時間:約30分

診断精密検査の結果をご説明させていただきます。

その結果を踏まえ、今後の治療計画を、患者さんおよび保護者の方々と一緒に決定します。

使用する矯正歯科装置の種類、抜歯の有無などによって治療期間・費用が大きく変わる場合もありますので、未成年の方は保護者の同伴が必要です。

また、治療計画に基づいて矯正歯科基本料金を決定いたします。

治療開始前処置

治療開始前処置ムシ歯や歯周病がある場合は矯正治療を開始する前に治療していただきます(当院で治療可能です)。

場合によってはこれらの治療と矯正歯科治療を平行して進めることもあります。

矯正治療◎一回の所要時間:約30分〜約1時間30分

矯正治療診断時に立てた治療計画に沿って、通常は3〜4週間の通院間隔で治療を進めていきます。

※料金には毎回のPMTC(専門家によるフッ化物を使用した歯の清掃)処置料金が含まれています。

終了検査◎所要時間:約30分

終了検査治療終了時に確認のためレントゲン診断・記録模型診断を行います。

保定治療

保定治療装置をはずした後は、「リテーナー」といわれる安定装置をお願いします。

矯正歯科治療で移動させた歯は、当初はまだ不安定な状態です。実は放っておけば治療前の状態に戻ろうとします。

そこで、リテーナーとよばれる安定装置の着用をお願いします。

この装置は基本的には取り外し式ですので状況に応じて外しておくことも可能です。

△ページの先頭に戻る