子供の不正咬合 開咬

奥歯があたっているのに上下の前歯がかみ合っていない状態を言います。

この時期の開咬は舌を出したり、指しゃぶりなどの悪い癖が原因であることが多いです。

特に受け口でかつ開咬状態の症例は矯正治療上一番治療が難しく、安定させるのが非常に難しいと言われています。

症例1

乳歯がまだ残っている段階での開咬です。前歯がまったくかみ合っていません。

舌のトレーニングと装置による治療を行うことでしっかりとしたかみ合わせになりました。

子供の頃の開咬は舌のトレーニングだけでもかなり改善されることが多いのが特徴です。


子供の矯正一覧に戻る

△ページの先頭に戻る