永久歯列期の矯正 空隙歯列(歯と歯の間に隙間があるかみあわせ)

いわゆる「すきっ歯」のことを空隙歯列といいます。これは顎の幅が大きく、歯の幅が小さい場合に多く見られます。また、舌を前に押し出す癖がある方にも見受けられます。まれに歯の本数が少ない方がいらっしゃいますが、そういった場合にも空隙歯列になることもあります。見た目や発音の問題がおこりやすく治療が必要なかみ合わせです。

症例1

治療例

成人の空隙歯列の患者様です。真ん中の前歯に隙間があることを気になされて来院されました。

治療後は隙間がすっかりなくなりきれいなかみ合わせになりました。

症例2

治療例

前歯の隙間が気になって来院されました。上あごの第二小臼歯のかみ合わせもよくありません。
治療後は隙間がなくなり緊密なかみ合わせになりました。

症例3

治療例

上下前歯の隙間を気にされてご来院になりました。

治療後は隙間がなくなりきれいなかみ合わせになりました。


永久歯列期の矯正一覧に戻る

△ページの先頭に戻る