永久歯列期の矯正 過蓋咬合

見た目としてはそんなに悪くない場合もありますが、上の前歯が深く覆うため下あごの動きが制限され顎が痛くなったりすることもあります。

治療が必要なかみ合わせです。

症例1

  治療例 治療例  

上下の前歯にデコボコがあります。また、上あごの前歯が大きくかぶさって下あごの前歯が隠れてしまっている状態です。

デコボコが解消され、上あごの前歯をコントロールすることでかみ合わせが浅くなりました。

歯を抜かなくても十分きれいに治せます。

症例2

治療例

上の前歯が下の前歯のほとんどを覆っています。典型的な過蓋咬合です。見た目があまり悪くないので一般の方は不正なかみ合わせとは認識しにくいのが特徴です。上下の歯を抜いて治療しました。

前歯のかみ合わせが浅くなり、上の前歯の歯ぐきのラインがきれいに整いました。


永久歯列期の矯正一覧に戻る

△ページの先頭に戻る