永久歯列期の矯正 交叉咬合

何らかの原因で上あごの幅が狭いため、上あごの歯が下あごの歯を覆わないかみ合わせです。

横顔は大きな問題はないですが、正面から見るとあごが曲がっていることが多く見受けられます。

症例1

  治療例 治療例  

下あご自体が大きく左にずれているために奥歯のみならず前歯もかみ合っていません。

上あごと下あごの真ん中のラインが大きくずれています。

外科的矯正治療をすることで見た目も大きく変わりました。かみ合わせもしっかり治っています。


永久歯列期の矯正一覧に戻る

△ページの先頭に戻る