永久歯列期の矯正 出っ歯

前歯がとび出ているため口が閉じにくく常に口呼吸してしまいます。

口呼吸は虫歯や歯周病の原因です。また、唇を無理に閉じようとすると、口元が突出してしまい見た目がよくありません。

治療が望ましいかみ合わせです。

症例1

治療例

上あご自体が下あごに比べてかなり前にある状態で、デコボコも認められます。

歯を抜くことでスペースをつくり前歯を後ろに下げました。

整った歯並びになると同時に口元が非常にすっきりしました。

症例2

治療例

上あごの前歯が前にとび出ています。それに伴い上唇がめくれあがり口が閉じにくい状態です。

前歯を後ろに下げることでかみ合わせが良好になり、常に開いていた口も閉じられるようになりました。

症例3

治療例

治療前はかなりの出っ歯で口が閉じにくい状態でした。治療後は出ていた前歯が引っ込み、口元もすっきりしました。かみ合わせだけではなく口元もきれいにしなければなりません。


永久歯列期の矯正一覧に戻る

△ページの先頭に戻る